読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助産師きょうこの 心の音ブログ

東京杉並、中野、渋谷、世田谷周辺で活動する助産師、2児の母。宇宙一しあわせ感溢れる、母と子と女性のためのサロンを作ります!その軌跡を残すブログです!

雨の日 息子と買い物へ ~幼いわたしとの対峙

こんばんは!
前回の続き。

息子との雨の日の買い物で
気づいたこと。ふたつめ。

f:id:tsubu-tsubu-kyoko138:20160921235755j:image

息子に対して感じる
イライラや怒りのセンサー。

息子が、

急に立ち止まり
ぼくずっとここにいる、と地団駄を踏むとき…

急に機嫌が悪くなるとき…

急に泣き出すとき…

息子に対して
イライラしたり怒りを覚えるとき

わたしのなかに居る小さな女の子が

「なんで分かってくれないの?
ねぇ。なんで?なんで?」

と、いつも悲しそうに叫んでいる。

「わたしは誰にも理解してもらえない」

叶わない。
誰にも分かってもらえない。

そんな絶望感をいつも感じていた。

何かをきっかけに
(たぶんちょっとした出来事…きっと
母に対して、今の息子のような態度を取り
怒られたのかもしれない)

そう感じて、絶望してしまった幼いわたし。

大人になり、社会人になり、
結婚し、母になり、
小さい頃の自分は
消えてしまったと思いきや

ず〜っと居続けていた。

無視されても
存在を認めてもらえなくても

小さなわたしは
わたしのなかにず〜っといる。

息子の言動は
わたしのなかに居る
小さなわたしに反応する。

なんで分かってくれないの?
という怒りや悲しみが込み上げてくる。

そのことに気づいてから

わたしのなかの小さなわたしに
「ずっと、分かってもらいたかったんだよね」
「悲しいんだよね」

と時折話しかけて、
小さな女の子の頭をよしよしするように、
自分の頭をよしよしするようにしている。

f:id:tsubu-tsubu-kyoko138:20160922000026p:image

時々、旦那さんにもよしよししてもらう。

そして、母に「頑張ってるね」と言って!
とお願いして言ってもらうこともある。
↑これが出来るようになった!!✨😊

きっと、小さなわたしがずっと
願っていたこと。

(お母さんに)、分かってもらいたかった。
認めてもらいたかった。

そこなんだよね😊

そんな心に響いたブログ。



やっとここまで来れた💕